« 干物クラブ番外編2 | トップページ | 照り照り »

2013年7月31日 (水)

将棋大会と紙芝居

7月も終わりですね。

夏休みはまだまだですね…(早く終われ)

 

ともは7月は3回も将棋大会に行きました。 

朝早かったり、忙しかったり、大変でしたが充実してたんじゃないでしょうか?

28日の日曜日は、電車で出かけました。

 

あーは、カブのリュックに、お弁当とおやつと、大量の本を詰めて背負っていきました。重そう…

 

Img_4434

会場で、前の将棋クラブで一緒だった高校生のお兄さんに会って、

ずっと隣をキープ。 

 

今回は、棋力別&年齢別で、小学生のCクラスでエントリー

4勝1敗。 

賞品に棋書をいただきました。 

 

あーは、休憩室で流れる演歌を聴きながら読書&おやつ三昧だったらしい。 

 

会場を出ても、周りには何も無かったらしく、

つまらなかったみたいだけど、

Img_4440

亀は見たって。(後ろの水槽に亀) 

なぜ亀?

 

帰りに、

Img_4442

サーティワンで、雪だるま食べて、

Img_4443

電車で寝る。(またしてもリュックの口開けっパ) 

 

私も家で、爆睡中で、メールに気づかず、 

「もう駅に着いたんだけど」

という電話で起こされ、あわてて迎えにいきました。

 

この日、爆睡する前の私は、

新美南吉、生誕100年記念の数あるイベントの一つとして、

南吉作品の大型紙芝居を披露してきました。

 

作品は「正坊とクロ」

 

こんな作品、知らなかった〜

 

もう有名どころは、あらかた上演され尽くしているので、

あえて、絵本にもなっていない作品からの選出で、 

 

どの場面の絵にするか、(絵からオリジナル)

一枚の絵で、話をどこで区切るかなど、

紙芝居を作るところから、始まったそうです。 

 

私はまったく、そういういきさつは知らずに、

 

「こういうのがあるんだけど…」

 

と持ちかけられ、ひょいっと参加することになっただけのお気楽メンバーです。 

 

私は正坊の台詞担当。 

ほとんど地の文(紙芝居でいうと、ナレーション)で、台詞はちょっと。

さんざん、会場は広くて、絨毯敷だし、

人の往来が多くて、ざわざわしてるだろうからと、

 

大きな声で!はっきりと!!

 

と練習してきたのに、

 

リハーサルのあとに、

急遽、

 

「マイク使用で」

 

!!!!! 

 

当日、マイクに詳しいメンバーさんが来てくれていて、

調節してくれたので、

なんとかなりました。

 

本番前、ふと気づくと、読み聞かせ会大御所先輩ずらり…

目の前、子どもより、大人のほうが多い…

 

…聞いてない聞いてない…向こうにいる大人は、たまたまいるだけ、きっと聞いてない…(と、自分に言い聞かせる)

 

本番は、どうだったのか…? 

 

ビデオに撮ってくれたので、後日、見返すと思いますが、

見たいような、見たくないような〜〜 

 

なにより、

 

一年前の自分からは、

自分が一年後、不特定多数の人の前で、

紙芝居やるとは、想像つかなかったよな〜〜

 

と、ぼんやりしていました。そして寝た…

 

ママの夏休みの宿題は終わった!

あとは、君たちだ!!

|

« 干物クラブ番外編2 | トップページ | 照り照り »

趣味」カテゴリの記事

コメント

夏休み、まだまだだね…(もう終われ)
4勝1敗!!
すごい
ともくん頑張ったね おめでとう
写真、バックなんだろ~?
どこで撮ってんだろ~?って思ってたら亀?
亀さんの水槽なのね

クーさんも大型紙芝居お疲れ様
大御所先輩ずらり。。。ドキドキだね。
みんなかぼちゃだと思わないとできないね( ̄▽ ̄)
夏休みの宿題、無事終わって良かったね( ̄▽ ̄)b

投稿: ところん | 2013年7月31日 (水) 17時43分

親子とも充実した夏休みですねぇ
とも君、4勝1敗はご立派
どんどん強くなるのを実感できて、やる気もますますUPかな?

紙芝居お疲れ様でした
新美南吉いいですよね・・
「正坊とクロ」は私も知りませんでした・・
絵本になっていない作品もあるのですね

投稿: sam | 2013年7月31日 (水) 21時20分

場数が物を言うよね~
読み。

小学生読みボラスタートした時には
何を読もうかあたふたしていたのに
(未就園児対象ならばふっふ~んと出て行ける自信があったにも関わらず…)

1年過ぎれば、
小学生向け読みたい本もいろいろと思いだし、
リストにして整理してみようと思えば
軽く100冊を超える。
「何月、何年生、ならこれっ!」
って即思いつく余裕が出てくると、
後は、+新しい本を加えるだけ。

でもマイク使用は苦手です。
前に読み聞かせの講演会にて
「地声にて伝わらないキャパには
物語は語っても伝わらないと思っている。」
と言われる講師の方がいて
何だか、言いたいことに納得。

大会場にてお疲れ様でした!!

投稿: きなり* | 2013年7月31日 (水) 22時44分

ところんさんへ

明日は登校日なんですが、何も提出できる課題が無いという事態に、何の不安もなさそうな二人です
宿題早よやって〜〜そして、夏休みはよ終われ!!

棋力が揃ってる中なので勝率は高かったですね〜
がんばりました。

亀ね。なぜ亀がいたのか?港の近くだからかな〜?
(関係ないか?)

先輩ね、私は存じ上げていますが、向こうは私を「誰?」って思うような、超ベテランさんぞろいで…
急に「なんで、私ここにいるんだろう?」って場違いな気がしてきましたよ。
怖かったな〜〜

投稿: クー | 2013年8月 1日 (木) 10時26分

samさんへ

私の夏休みは終わった!のか、
これから夏休み本番!!なのか、分からなくなってしまいました
まあ、峠は越せたということでしょうか?

彼のやる気は、よくわからんですね〜〜
彼の分からんのは、やる気だけじゃないですけどね〜〜(トホホ

南吉作品、まだまだ知らないのがたくさんありそうです。
ここら辺は、ここんところ南吉南吉で、「もう飽きた…」という声続出です
そして、暗いのが多い…
「正坊とクロ」は、そんな中でも少しは、救われる部分もあるかな〜と言う作品です。

投稿: クー | 2013年8月 1日 (木) 10時35分

きなり*さんへ

リスト!!
作っとくといいかもですね。

場数もほんとに大事ですね。
毎度、やってみて、先生(と言うと「先生じゃない」と怒られるけどいつも指導してくださる方)のおっしゃる意味が、よくわかります。
一つ一つが、「ああ、この事だ」と合致していくすごさ…

マイクのことも、同じように言われてました。
でも、諸事情あって、仕方なく急遽使いました。
私も、嫌でしたよ〜〜
まあ、もう校外からお呼びがかかることはないでしょうから、マイクも最初で最後の経験かな。貴重な経験をさせてもらったと思うことにします^^;

投稿: クー | 2013年8月 1日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋大会と紙芝居:

« 干物クラブ番外編2 | トップページ | 照り照り »