« バイブルを求めて | トップページ | あったらいいのか、そんなもの »

2011年9月21日 (水)

敬老の日のプレゼント

敬老の日のプレゼントに、

あーともが、手作りしました。 

 

きなり*さんとこを参考にして。

ポケットティッシュカバーです。 

 

もちろん、全部手縫いですが、  

手縫い好きとかじゃあありません。

 

パパ方の、おじいちゃんおばあちゃんへ

Dscn8754

左 あー作→おばあちゃんへ

右 とも作→おじいちゃんへ 


ママ方の、おじいちゃんおばあちゃんへ

 

Dscn8768

左 あー作→おばあちゃんへ

右 とも作→おじいちゃんへ

 

家にあった端切れから、自分たちで選んだ柄合わせ。  

 

郵便で送りましたが、

パパの方のおじいちゃんおばあちゃんは、旅行中だったので、

まだ見てません。 

 

喜んでもらえるといいな。 

 

ママの方の、おじいちゃんおばあちゃんは、

とっても喜んで、

すぐに中にティッシュを詰め、

おじいちゃんは、ポケットへ、

おばあちゃんは、バッグに入れて、スタンバっているそうです。 

 

ともは、制作途中で完全に飽きて、

イヤイヤになってしまいましたが、

 

おじいちゃんの喜んだ声を聞いて、

嬉しそうな顔をしていました。 

 

こういう時は、キラキラしたいい顔だね。 

 

がんばった甲斐があったね。 

 


でも、次があるかなあ〜 

(あーは、次はママので、その次が自分用に2つ作るんだそうですが) 

 

ママも、もっと応援力を、つけなくちゃね。 

 

松岡修造を目指すか…

|

« バイブルを求めて | トップページ | あったらいいのか、そんなもの »

子ども作品」カテゴリの記事

コメント

松岡修造。。。 それはちょっと。。。
でも上がるかな(*^m^)
あーちゃん、ともくん上手すぎる~。
クーさんの血をひいてるのねぇ~。
うちはあたしの血をひいてくれなかった_| ̄|○
(あたしは上手いのにと言ってます
娘の作品をお見せしたい!!
たぶんクーさん石のように固まります。

投稿: ところん | 2011年9月21日 (水) 20時15分

ところんさんへ

あ、やっぱ修造は無理?

上手く見えるのはですね!
設計がいいからです!
縫い目が全部隠れるので、表から見た感じはなかなか良いでしょ
石のように固まりそうな作品?
ところんさんは、上手いのですね了解です

投稿: クー | 2011年9月22日 (木) 18時58分

あ!作ったね~ふたつがんばったねぇ~
あーとも。

すごいっしょ、これ。
縫い目でないし、大満足な出来上がりになるでしょ♪

ところんさん、
そうなんです、
レシピ次第なんですよ~(^^)v
(…とお前が言うなと?)

あ?違った、
手縫い好きの血だっけ?

次、クーさんのカードケース
楽しみだなぁ~

投稿: きなり* | 2011年9月22日 (木) 21時29分

松岡修造・・・
ここで彼がでてくるか!
というくらいツボです。

修造くらい熱くなっちゃって〜
私、彼の熱血指導好きだから。
子供教えるときはあれくらい熱くならないとね。

と、話はそこじゃない?

あーちゃんとも君、上手!
布の選択も好みです。

投稿: りぃだぁ21 | 2011年9月22日 (木) 23時04分

きなり*さんへ

最初、10月の運動会に来てくれる、パパの方のおじいちゃんおばあちゃんにとゆっくりペースで作り出したのに、
そういや敬老の日じゃん!と、あわてて両家分急ピッチになったので、余計に大変で
でも、急いだからできたのかも?ゆっくりだと放置して忘れそうだし

思った以上に、パッと見は素敵に仕上がり、
本人達も喜んでいます。
いいレシピの紹介ありがとう!

そうそう、次は私…ってないから!
手縫いはもういいから!!

投稿: クー | 2011年9月23日 (金) 21時42分

りぃだぁ21さんへ

熱血ですよね〜
たまたま、家で松岡修造の話題が出て、
そしたら、たまたま、著書を目にして、
手に取って、ペラペラッとめくったら、
「実はネガティブだ、後天的ポジティブ思考だ」な内容のことを言っていて、驚いたと同時に、とっても好感が持てたのですよ。
ま、家で突然自分の母が修造に豹変したら、怖いですよね

ありがとうございます。
上手下手は置いといても、2人ともがんばりました。
布も、それなりに相手の事を思って選べたなあと感心しました

投稿: クー | 2011年9月23日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日のプレゼント:

« バイブルを求めて | トップページ | あったらいいのか、そんなもの »