« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

珍事!(我が家にとっては)

我が家にとっては、大変珍しい食材です。


Dscn4047

カニ〜〜〜〜!!

今日の朝市でゲットです。
もちろん、安かったから。

めったに食べることがないので(質素な我が家)
これが、何ガニか分からないまま買いました。

とりあえず、カニです。

あーともは、
「生きてる?生きてる?」

魚屋のおじさんは
「生きてるよ〜。今朝なんかハサミに腕を挟まれた人がおって、
 果物屋のおじさんと二人掛かりではずしたんだよ〜」

新聞紙で包んだ上から、ビニール袋に入れてくれましたが、
足が袋を突き破り、買い物かごに入れても、かごの編み目から足先が飛び出し、
あーとも、怖いやら嬉しいやら。


Dscn4049

大粒のアサリも購入♡

鯖もおろしてもらう時に、まな板上でつるーーんと滑るのを見て、大喜び。


夕食時


Dscn4051

家で一番大きい鍋で茹でたけど、足先まで入りきらず大変。
やっぱり、もっと大きい鍋が欲しい。
中華鍋も欲しい。
大きい圧力鍋も欲しい。
大食い対応できていません。

鍋の話は置いといて…


帰りの遅いパパを待たずに、食らいつきました。

大フィーバー!!!

「今度は1人一杯にして!」

ああ、先が思いやられる〜〜

前に、あーが見た目でだめだったカニ味噌も

ママが一口目でとろけているのを見て、

「ママ〜、ほっぺが落っこちる〜〜」

もともと好きだった、ともは

「ぼく、うちの子でよかった。
 ずっと、出て行きたくない」

逆に、不憫だわ。

とはいえ、
いっくら安かったとはいえ、
そんなに、しょっちゅうは買わないから。

ご承知置きください、あーともさん。
(↑この言葉、今年、結構使った気がするなあ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

もうすぐ年長さん

春休みに入ってます。

火曜日が終業式でした。

会計監査のなんやかやで、お迎えに遅れたママは、
残っていた数人の子供達の中に、
ブランコしていたあーと、
ウロウロしていたともを見つけ、
そちらにいくと、担任の先生がそばで草取りしていました。

1年間のお礼を言ったあと、
子供の成長のこととか、話していると、
先生が
「お母さんは、心配してるけど、
 あーちゃんとともちゃんは、
 いい子になると思うよ」

そして
「こういってはなんだけど、
 ・・・『純粋培養』だから」

ぷっ

先生、だいぶ言葉を選んでくれたようで、
かなりオブラートに包まれた感じですが、

天然ってこと?

ママとしては、あーなってほしいこーなってほしいと、
剪定しようとしたり、矯正しようとしたり、
努力を試みているつもりですが、

まったく変えられず、
我が道をぐんぐん育っちゃってる感じですもんね。

天然

よくいえば、なちゅらる。

そんな二人と、1日中ずっといる春休みは、
なかなか…たいへんな…楽しい2週間かと…

ママ、がんばります!
とりあえず、食料確保です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

詰まっているもの

年度末だからか、テレビ番組が“まとめ”な感じになってきてますよね。
(って、ママの知る範囲は、夕方のNHK教育限定なんですけど)

お風呂上がりに、ともが
「ミミカちゃんはね〜、嬉しいこととか、悲しいことが詰まっているんだって」

「どこに?」

「(自分の胸を指して)ここ。心の中」

「ふう〜〜ん。ともの心にはなにが詰まっているの?」

「え〜〜っとねえ」

「きっと、『あほ』が詰まってるんでしょう」

ちょっとうれしそうに
「違うよ」

「じゃあ、『爆弾』が詰まってるんでしょう」

かなり楽しそうに、
でへへへへ「違うよ。え〜〜とねえ、『毒キノコ』

やっぱ『あほ』が詰まってたか。

「あ〜、やっぱり『ちょうちょ』」

ちょっと、『春』っぽくなったけど、あほに変わりはないな。

そこに、あー参加

「あーちゃんの、欲しいものはねえ!」

どこから、欲しいものの話になってるの!

「サンダルと、カチューシャと、(あれやこれや延々続く…)」

こっちも、女子編の『あほ』が詰まっている模様…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

弱り目にたたり目に愛情不足ときたものだ!

今日はなんだか頭が痛くて、朝から寝ました。

気がつくと1時。

お迎えは2時。

まだなんだか痛むけど、とりあえずなんか食べて、
お迎えに行かなくちゃ。

もう今日は絶対に車!

でも、その車のエンジンがかからない!!

仕方なく徒歩で往復。
帰りが4時近いって、どうなってんのよ、あーとも!

車は、バテッリー上がりだそうで、原因は後部座席のルームランプがonになってたってことだって。。。
「しばらくエンジンをかけたままにしておいてください」
って、J○Fの方から説明を聞いている間に、
ともが、エンジンoffに!!

「あんた!なにやってんの!!」

あ〜〜あ〜〜あ〜〜

月曜日は卒園式で、ママも列席させて頂きましたが、
来賓の告辞の中の言葉に、

「そろそろ子供の気持ちの読みにくくなる時期ですが…
 …やはり、家庭の愛情が基本に…」

愛情ね、愛情…

足りてないようですね、我が家。

子供の気持ち、まったく読めません。
とくに、このごろ。

ま、今日は体調不良ということで…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

ママのトラウマ

また…13日の話です。
忙しさにかまけ、ほったらかしにしておりましたのを、やっと更新です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ママは幼稚園児だった頃、
メロンパンが大嫌いでした。

甘過ぎて、
ベタベタしていて、
パサパサしていて、

口に入れると、おえ〜〜って
涙も出てきちゃうくらい嫌いでした。

ま、このころは食わず嫌い王だったので、
そんなものはたっくさんあったのですが…

年長のとき、幼稚園の給食に出て、
『これは食べられない』と、こっそりランドセルに入れたのが見つかって、
その場で食べさせられるはめに…

みんなはとっくに食べ終わり、
園庭で遊んでいるのに、
ママ1人、担任の先生の睨んでいる前で、
メロンパンを完食させられたのです。

それ以来、もう何十年も経ってますが、
メロンパンは『嫌い』なものに。

大人になって、
パン屋さんで、見かけるメロンパンは、
あの当時のものとは別物に見えましたが、
手に取ることはなく…

なのになぜか…
今日、
メロンパンを…
作りました。

食べました。

Dscn4014

ホームベーカリーで作る、
簡単メロンパンだから、
やってみるかと思ったのか、

四角い出来上がりだから、
受け入れたのか???

Dscn4016

(写真の後ろの飲み物は、ホット青汁。
 忙しいからか、なんなのか、体調不良気味でこういうのを欲する体に。。。。)

お味は…
ごく普通。
甘めのパン生地に、クッキー生地乗せて、グラニュー糖ふったら、
こんな味だろうな、な味そのまま。

すっごく美味しかった。何十年も食べずにいて損したわ。
という気持ちもまったくなく。
メロンパン怖い〜〜な気持ちもまったくなく。

普通でした。

軽く乗り越えたね、トラウマ。
ハードルかなり低かったね。

あーともも、普通にぺろり。

気が向いたら、今度は普通の丸いメロンパン作ってあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

製本ブーム

今、幼稚園で絵本を自分で作るのが楽しいようで、
紙を先生が綴じてくれて、
その中に絵や字を書き込んでいるようです。

水曜にあーが持ち帰ったのは

わたしのワンピース

わたしのワンピース

著者:にしまき かやこ

わたしのワンピース

「わたしのわんぴいす」とうさぎの絵が表紙に書かれていて、
中には絵がどのページにも書いてあり、絵に沿った文は先生が入れてくれてありました。

「今は『こぐまちゃんのホットケーキ』作ってるの。
 できたら、また見せてあげるね」

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

著者:わかやま けん

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんね。
よろしくね。

次の日、ともが得意そうに本を持って帰ってきました。

「ねえ、なんてかいてあるの?」

「昆虫図鑑だよ」

「こんちゅう〜〜〜あ〜お母さんびっくりしたわ〜」

なぜならば、表紙には大きく「こんちゅう」と書いてあるそうなのですが、
なぜか下から書いてあり、“ゅ”と“う”は、判読不能。

まわりにいたお母さん達も、ママの「びっくりしたわ」に、深く同意してくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

やっと更新

土曜日の晩、
あーの六歳臼歯が生えてきました。

「5歳なのに、六歳臼歯が出てきたね」

「6さい9さいがでてきたあ」
と、かわいいことをいう5歳なのに、六歳臼歯かあ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まえに、
「幼稚園なら、ちょっとくらいの喧嘩ならありだと思う。」
ということを書きました。

でも、
先週木曜、ともが
とても喧嘩とは言えない(とママは思う)ような事態になりました。
(幸い誰にも怪我はありませんでしたが)

なので、
次の日の朝、担任の先生に
「これは仕方がないと思うが、ここは納得がいかない」
と申し出ました。

ママの申し出があったから、というわけではないようですが、
とものクラスと、相手のクラス合同で、
話し合いの時間を持ってくれたそうです。

その時の様子を、「げき」にして再現し、
「ここはこうだね。」
「ここはどちらが悪いね」
「これはいかんよね」
「こんなふうにされたら、怖いと思うよね」
などなど…

これからは、こんなときはどうすればいいか
話し合って、
「ごめんね」「いいよ」
の言い合いっこをして

みんなもわかったね
で、終了したようです。

その報告を受けて、
相手のお母さんとも話したのですが、
どう伝わったのかは分からないのですが、
「うちの子には、よくやってきたって感じ」
????

「小学校に入ったら、よくあることなんだし、
 幼稚園のうちにやって、考える機会を持てたのは、
 そっちにとっても、よかったんじゃない?」
?????

木曜日には、恐ろしくて震えっぱなし。
金曜日午前には、泣きっぱなし。
午後から混乱しっぱなし。

で、土曜の晩に
あーの六歳臼歯です。

もう、ともを外に出したくないくらいの気持ちにもなってましたが、

このちょこんとした歯の角っこを見て、
もう二人の大きくなるのは止められないのだ
って、思いました〜〜

今は、ママの気持ちもだいぶ落ち着いてきました。
ともは、金曜から普通に相手の子(達)と遊んでいたので、
とっくに乗り越えられているようです。
子供のほうが、ずっと凄いですよね。

ママの気持ちをスッと切り替えてくれる、
双子の存在には感謝しなければと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・

今日、歯科医に定期検診に行ってきました。
二人とも虫歯無し。
ともの六歳臼歯ももうすぐ出てくるだろうとのことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »